vdiとはセキュリティ対策のことです

現在はネット社会なので多くの人がパソコンを使って、プライベートを楽しんだり仕事をしたりしています。パソコンを使うことにより、多くの情報を見れたり、まとめたりすることができたりと非常に便利です。こうなると仕事を円滑に進めることができるので、企業にとってパソコンを使うことは大きな利益になります。この便利な機械ですが、セキュリティに対して油断していると危険なことになります。パソコンにウイルスが侵入して自分や会社の大事な情報を全て盗まれて、多くの人に迷惑を掛けることになります。そのためにvdiというソフトをダウンロードして、ウイルスが侵入するのを防げます。vdiとはパソコンに仮想デスクトップをダウンロードすることで、外部だけでなく内部から情報を抜き取るのも防げることができます。これで快適にネットを活用できます。

ビジネスシーンで話題のvdiとは何か

ビジネスのシーンでは、vdiという言葉が流行の兆しを見せています。vdiとは、デスクトップ仮想化のことです。つまり、性能の低い低価格ノートパソコンやスマホ、タブレットでも重い作業がしやすいように、中央サーバーにデスクトップ環境を構築して、それをリモートで各クライアントマシンに飛ばすシステムのことです。ちょっとした社内インフラのクラウド化だと考えて問題はないでしょう。vdi環境を構築しておけば、社員一人一人に高性能なパソコンは必要がなくなります。重い作業も巨大なファイルも中央サーバーに格納してそこで運用をします。各社員の端末からはブラウザ等を通して命令を送るだけなので、力の弱いCPUや貧弱なSSDでも仕事に影響が出ません。また、データが中央サーバーに集中しているので、管理がしやすいというメリットも生まれます。

vdiとはデスクトップ環境を変化させるシステム

vdiとは端末利用者すべてのデスクトップ環境を仮想化させ、サーバーに集約させたシステムとなっています。いつでも場所を選ばす手元のタブレット等の情報端末から接続し、自分のデスクトップ環境を呼び出すことができるシステムです。昨今のサーバー、ネットワーク技術や性能の向上によって、対費用効果の高いシステムが構築できるようになったことが寄与しています。従来のように、利用者側にクライアントPCを配備している環境の場合、インストールするOSやアプリケーションの管理が個別に必要でしたが、vdiを使用することでサーバー側で一括管理することが可能となり、更新、追加などが用意となります。個々人のデスクトップ環境を常に保持していることになりますので、出張や異動などでワークスタイルが変わった場合においても柔軟に対応できるといった特徴があります。

2Uのサイズで最大5千台もの仮想マシンを安定稼働させることが可能。 全世界で1000ユーザー、日本国内で100ユーザーの実績。 仮想環境のワークロードを自動最適化するストレージ。 ビジネスクリティカル環境のパフォーマンスを向上! 大規模なVDI環境に安定した性能を提供します。 フラッシュヒット率 99% を実現し、I/O 負荷の高いアプリケーションであっても必要なリソースをしっかり担保。 vdiとはアーキテクチャ全般のこと